東京シティー総合法律事務所

メニュー

弁護士の無料相談は東京シティー総合法律事務所

お問い合わせ

 メールでのお問い合わせ

メールでの問合せが困難な方には電話での相談
(平日9:00-17:00 03-6311-7598)に弁護士が適宜対応致します。
その際は、相談する事案内容と希望する解決内容及び質問事項を事前にまとめておいてから電話下さい。

男女関係トップ --> 訴訟告知

訴訟告知

(質問)
不倫相手の奥様から慰謝料請求されています。 私だけが被告になっているのですが、不倫相手にも責任を問うことはできるでしょうか。
(回答)
不倫の慰謝料請求で訴えられた場合、不倫相手の方は被告とされていないことがあります。
このような場合、一人で原告と訴訟で争うことを避けるため、 又、原告との訴訟で負けた後に改めて不倫相手に慰謝料分担額を求償して同一事案を争うのを回避するため、 不倫相手に訴訟告知という方法を用いて、訴訟参加を要請することができます。
訴訟告知を受けながら訴訟参加しない場合は、不倫相手は、その訴訟で認定された事実、例えば適切な慰謝料金額を争うことが出来なくなります。
特に、不倫相手の配偶者による恣意的な訴訟提起、特に不倫相手と通謀しての訴訟提起と思われる場合は、配偶者の陰に隠れている不倫相手に対し、訴訟告知することを検討すべきです。

相談・問い合わせ

その他の法律相談も受け付けています。
東京シティー総合法律事務所は、相談者と共に事案を検討し、最適な解決法を提案します。
初回相談は無料で行っています。相談はこちらから

東京シティー総合法律事務所
〒104-0061
東京都中央区銀座5-6-12 ミユキビル7F
電話番号:03-6311-7598 / FAX:03-6311-7599
メール:nakaba@nakaba-law.com