東京シティー総合法律事務所

メニュー

弁護士の無料相談は東京シティー総合法律事務所

お問い合わせ

 メールでのお問い合わせ

メールでの問合せが困難な方には電話での相談
(平日9:00-17:00 03-6311-7598)に弁護士が適宜対応致します。
その際は、相談する事案内容と希望する解決内容及び質問事項を事前にまとめておいてから電話下さい。

男女関係トップ --> 恋愛の終了と慰謝料

恋愛の終了と慰謝料

(質問)
交際相手が心変わりした。これまでいいことばかり言っていたのに、自分勝手な理由で一方的に別れ話を持ち出した相手に対し、慰謝料を請求できないか。
(回答)
恋愛・交際が破局した後、振られた方が相手に慰謝料を請求できないかと、相談にこられることがあります。交際期間中に妊娠・中絶した場合や、相手が度々結婚したいと言っていた場合などが多いようです。
原則として、恋愛は個人責任であり、又、人間の感情はうつろい易いものですから、恋愛感情を維持できなくなったことにつき、慰謝料等の損害賠償請求をすることはできません。

但し、例外的に、慰謝料請求可能となる場合として、婚約していた場合と嘘を言って交際していた場合があります。

婚約は社会的に保護されるべき婚姻の約束がある状態を言い、婚約の成否は、結納等の形式的手続の有無で画一的に決定されるものではなく、諸状況を実質的に評価して判断されます。
婚約破棄については、慰謝料請求が認められることで、実務上は確定しているといえます。

では、嘘を言って交際した場合、慰謝料請求できるか。
これについては、実務上確定しているとはいえませんが、その事情が実質的に判断して不法行為に該当するなら、慰謝料請求が認められます。
例えば、妻子がいながら独身と偽り、結婚を前提に交際したいなどと言って関係を持った場合など、不法行為に該当すると思いますし、事情にもよりますが、刑事事件として立件しても良いと思います。
もっとも、不法行為として裁判所に認定してもらうには、相当に悪質な場合でないと困難でしょう。

相談・問い合わせ

その他の法律相談も受け付けています。
東京シティー総合法律事務所は、相談者と共に事案を検討し、最適な解決法を提案します。
初回相談は無料で行っています。相談はこちらから

東京シティー総合法律事務所
〒104-0061
東京都中央区銀座5-6-12 ミユキビル7F
電話番号:03-6311-7598 / FAX:03-6311-7599
メール:nakaba@nakaba-law.com