東京シティー総合法律事務所

メニュー

弁護士の無料相談は東京シティー総合法律事務所

お問い合わせ

 メールでのお問い合わせ

メールでの問合せが困難な方には電話での相談
(平日9:00-17:00 03-6311-7598)に弁護士が適宜対応致します。
その際は、相談する事案内容と希望する解決内容及び質問事項を事前にまとめておいてから電話下さい。

男女関係トップ --> 夫の不倫相手への嘘

夫の不倫相手への嘘

(質問)
夫が不倫相手に『離婚した。結婚しよう。』等と言って、相手の 親に挨拶に行き、戸籍謄本を切り貼りしコピーして持参し、婚姻届にサインをし、印鑑は 相手が買ってきた印鑑で押したそうです。
相手は、騙された、被害者だ。と言っていますが、夫と私と相手は職場が同じで離婚して いないことは分かっていたはずです。
相手は、夫からのメールを保存しており、被害届を出し、弁護士をつけるとのことです。
夫は相手に慰謝料を支払わなければならないでしょうか。また、私から相手に慰謝料請求できますか?

(回答)
夫は、相手に嘘をついており、相手がそれを信じたのであれば、相手に対して不法行為による 慰謝料支払義務を負います。
夫は、質問者に対しても、不貞による慰謝料支払義務を負います。
しかし、相手が夫の嘘を信じていたのであれば、質問者の相手に対する慰謝料請求は認められない でしょう。
尚、夫は、公文書偽造又は変造の刑事罰を問われます。

相談・問い合わせ

その他の法律相談も受け付けています。
東京シティー総合法律事務所は、相談者と共に事案を検討し、最適な解決法を提案します。
初回相談は無料で行っています。相談はこちらから

東京シティー総合法律事務所
〒104-0061
東京都中央区銀座5-6-12 ミユキビル7F
電話番号:03-6311-7598 / FAX:03-6311-7599
メール:nakaba@nakaba-law.com