東京シティー総合法律事務所

メニュー

弁護士の無料相談は東京シティー総合法律事務所

お問い合わせ

 メールでのお問い合わせ

メールでの問合せが困難な方には電話での相談
(平日9:00-17:00 03-6311-7598)に弁護士が適宜対応致します。
その際は、相談する事案内容と希望する解決内容及び質問事項を事前にまとめておいてから電話下さい。

男女関係トップ --> 既婚者と知らずに交際

既婚者と知らずに交際

(質問)
バツ1でお子さんが二人いるという男性と交際していましたが、先月別れました。
ところが、実はバツ1でなく既婚者でした。
その奥様から電話があり、直接話合いをすること、相手と二度と会わないと誓約書を書くこと、 慰謝料を支払うことなどを要求されました。
相手とは二度と会う気はないのですが、奥様と直接話すことや誓約書を書くことはしたくないです。
それに奥様の言う額の慰謝料を払う義務があるのでしょうか。

(回答)
誓約書を書く義務、奥さまと直接話し合いをする義務は、共にありません。
相手が「バツ1」と嘘をつき、既婚者と知らずに交際したということであれば、 慰謝料支払の義務もないと考えられます。
むしろ、相談者は被害者であり、仮に嘘をつかれて身体の関係 を持ったのであれば、相談者から相手に対し慰謝料請求し得る可能性があります。
後日の面倒を避けたい、且つ相手と二度と会わず連絡もとらないつもりであれば、相手・相手方配偶者と 相談者の三者で以下内容の同意書を作成するよう、逆に相手の配偶者に提案してはいかがでしょう。
1. 今後一切、相談者から相手に連絡を取らない。
2. 今後一切、相手から相談者に連絡を取らない。
3. 相手方配偶者は、相談者に慰謝料を請求しない。

相談・問い合わせ

その他の法律相談も受け付けています。
東京シティー総合法律事務所は、相談者と共に事案を検討し、最適な解決法を提案します。
初回相談は無料で行っています。相談はこちらから

東京シティー総合法律事務所
〒104-0061
東京都中央区銀座5-6-12 ミユキビル7F
電話番号:03-6311-7598 / FAX:03-6311-7599
メール:nakaba@nakaba-law.com