東京シティー総合法律事務所

メニュー

弁護士の無料相談は東京シティー総合法律事務所

お問い合わせ

 メールでのお問い合わせ

メールでの問合せが困難な方には電話での相談
(平日9:00-17:00 03-6311-7598)に弁護士が適宜対応致します。
その際は、相談する事案内容と希望する解決内容及び質問事項を事前にまとめておいてから電話下さい。

男女関係トップ --> W不倫で妊娠

W不倫で妊娠し夫との嫡出子として出生届をしました

(質問)
W不倫で妊娠し、夫との嫡出子として出生届をしました。
しかし、不倫相手が一方的に関係を解消して知らん顔をしようとしているので、 養育費や慰謝料を請求したいと思います。

(回答)
不倫相手に養育費請求するには、子供の認知を得る必要がありますが、嫡出子は認知できません。
そこで、以下の手順を取る必要があります。
1. 夫が嫡出否認の訴えを提起し、判決を得て、戸籍上嫡出子でないことを確定する。
2. その後に、相手に認知請求・養育費請求する。
但し、 嫡出否認の訴えは、夫が出生を知ってから1年以内に提起しなければなりませんので、 早急に対応する必要があります。
次に、慰謝料請求は、不倫関係当事者間では困難でしょう。
相互の合意によるものであり、相手方に対する不法行為とは認定しがたいからです。
しかし、質問者の夫が不倫相手に不法行為損害賠償請求をすることは可能です。
この場合、必ずしも嫡出子から外しておく必要はありません。
当方が受任した類似事件でも、戸籍上嫡出子のまま、慰謝料500万円+弁護士費用50万円の認容判決が得られました。

相談・問い合わせ

その他の法律相談も受け付けています。
東京シティー総合法律事務所は、相談者と共に事案を検討し、最適な解決法を提案します。
初回相談は無料で行っています。相談はこちらから

東京シティー総合法律事務所
〒104-0061
東京都中央区銀座5-6-12 ミユキビル7F
電話番号:03-6311-7598 / FAX:03-6311-7599
メール:nakaba@nakaba-law.com